病気のときの離乳食

 赤ちゃんの体調は大きく変化しやすいもの。突然、発熱したり、吐いたり、下痢をしたり・・・。そんなときの離乳食はどうすればいいのでしょうか??このページでは病気のときの離乳食の考え方を紹介しています。※病気自体の治療は病院へ行くなどきちんと対応して下さいね!

病気のときの離乳食の考え方

 初期離乳食(6ヶ月頃)であれば、一時的に離乳食をお休みする方が良いです。赤ちゃんが嫌がらないのであれば、1口程度食べさせてあげることも問題ありませんが、胃腸の働きも低下していることが多いので、お休みすることが基本です。

離乳食

 6ヶ月目以降に進んだ離乳食であれば、1段階前の離乳食に戻して、なるべく消化のいいものを食べさせてあげると良いと思います。食欲が低下していることもありますので、無理に食べさせる必要はありません。体調が良くなってから、徐々に再開していけばいいだけの話です。

熱があるときの離乳食

赤ちゃんの病気

 熱があるとき、大人もそうですが汗をかきます。赤ちゃんの汗は大人と違いかなり大量にかきます。これを補うために可能な限り水分補給を第一に考える必要があります。熱以外にも、咳や下痢など、他の症状が見られるのであれば、色々考えたいですが、発熱だけであれば母乳、ミルク、麦茶などに水分補給をしていきます。

 基本、発熱しているときに食べない方が良い食材はありませんが、ビタミン類と水分を多く含む離乳食にした方が良いです。月齢や離乳食の進行にもよって、食べられるものが変わってきますが、野菜スープや果物の入ったプレーンヨーグルトなどがこれに当たります。

咳があるときの離乳食

咳のあるとき

 咳があるときは飲み込みやすい離乳食を与えるようにしてください。基本的に離乳食は飲み込みやすいものが多いのですが、例えば、白身魚や鶏のささ身などパサパサしたものは避ける方が良いでしょう。また、喉に刺激となるような味の濃いもの、熱すぎる、冷たすぎるものも避けます。

嘔吐(吐き気)があるときの離乳食

吐き気のあるとき

 単なる嘔吐(吐き気)であれば、まず2時間程度食事をやめます。無理して食べさせたところで、また吐いてしまう可能性が高いので、胃腸を休めます。その後、少しずつで良いので、水分補給を第一にしていきます。水分補給をさせても吐かないようであれば、離乳食を食べさせて様子をみます。

 この時の離乳食は可能な限り消化がよく、脂肪分が少ないものを選びます。お肉や魚はできるだけ避け、お粥、豆腐、野菜スープやすりおろしたものを食べさせると良いでしょう。また、大量に食べさせると胃腸を刺激し、吐き戻す可能性もあるので、ほどほどに食べさせます。

 ※ノロウイルス、ロタウイルスなどの強烈な吐き戻しの際は迷わず病院へ!

下痢のときの離乳食

下痢のあるとき

 下痢のときも水分補給が第一です。湯冷まし、麦茶、赤ちゃん用のイオン飲料などを少しずつ飲ませます。このとき、ビタミンの多い飲み物(ジュースや柑橘系の果汁など)は下痢を悪化させることがあるので、与えてはいけません。また、離乳食も消化がよく、胃腸の負担にならないような野菜スープやお粥にした方が良いでしょう。

 また、赤ちゃんは離乳食を食べ始めると便の性質が変わりやすいです。便が緩くなる子もいますし、逆に便秘気味になる子もいます。単純に便の性質だけを見て捕らえずに、ぐったりしている、熱がある、息が荒いなど、いつもの様子と違うかどうかを総合的に見て判断しましょう。

便秘のときの離乳食

 我が家の娘はまさにこれでした。離乳食を始めたとほぼ同時に便秘になってしまいました。詳しくはこちらのページで顛末を書いていますので、お困りの方はどうぞ、苦笑。

 さて、我が家の話はさておいて、便秘のときの離乳食の基本を書きます。初期離乳食のときなら一時お休みとし、7ヶ月目以降であれば、食物繊維が多い食材やプレーンヨーグルトを中心に取り入れていきたいですね。ただし、便秘自体は生活習慣を変えていかない限りは治らないものなので、食事だけでスッキリというわけにはいきません。ひどい場合は病院へと連れて行ってくださいね。

PR:産後の抜け毛の悩み

産後の抜け毛

 授乳中でも使える育毛剤をランキング形式で紹介しているサイトになります。産後の抜け毛に悩むなら授乳中から育毛始めましょう!

運営者情報について

サイト運営者の社長代理と申します。運営者情報の詳細はこちらのページで紹介しています。

Page top icon