離乳食にしても大丈夫?お肉編

 赤ちゃんにいつからお肉を食べさせても大丈夫?鶏肉は??もう1歳だから大丈夫??牛肉や豚肉は何歳から??離乳食という観点からお肉全般について調べてみました。

鶏のささみ・鶏ひき肉

鶏のささみ・鶏ひき肉

 お肉は基本的には初期離乳食には向いていません。ある程度離乳食になれた子に食べさせることができる食材です。そんなお肉の中でも最初に食べさせることができるものが、鶏のささみと鶏のひき肉です。お肉の中では最も低脂肪で消化も良いお肉です。大体8ヶ月頃からなら食べさせることができます。

 鶏のささみは白い筋を取り除き、鶏ひき肉はできるだけ白い部分を取り除く方が脂肪分が少なくてより良いと思います。一手間かかるのは仕方がないと諦めて下さいね。

鶏胸肉

鶏胸肉

 上で紹介した鶏のささみや鶏のひき肉を食べられるようになったら次は鶏の胸肉なんかも食べられるようになると思います。ただし以下の部分にはご注意を!

ここに注意!
  • 皮は離乳食には使えません
  • 最初は細かく刻んであげましょう

 鶏のささみやひき肉を食べているのであれば、同時期くらいの8ヶ月頃からでも食べさせられますよ。

豚肉・牛肉全般

豚肉・牛肉全般

 上で紹介した鶏の胸肉も食べられるようになれば豚肉・牛肉なんかも食べられるようになります。最初のうちは当然小さく刻んであげないと食べ切れませんし、しっかり火を通すことも忘れてはなりません。また脂身があるような場合は取り除いておいて下さい。

レバー

レバー

 レバーは鉄分の補給にもってこいの食材ですが、血抜きなどの下ごしらえが結構手間なので個人的にはオススメしない食材の1つです。しっかり血抜きをし、調理したものであれば10か月くらいの赤ちゃんから食べさせることができます。(ちなみに写真はレバ刺しなのでNG。食べさせるなら加熱するなど調理が必要です)

ベーコン・ハム・ウインナー

ベーコン・ハム・ウインナー

 ベーコンやハム、ウインナーは塩分や脂分、添加物が多いため離乳食としては不適な食材です。食べさせるのは1歳を超えるくらいまで待つ方が良いと思います。ただ、スープなどの汁物などのダシとして使用するのであれば、9ヶ月頃からでも大丈夫です。

 鶏のささみは白い筋を取り除き、鶏ひき肉はできるだけ白い部分を取り除く方が脂肪分が少なくてより良いと思います。一手間かかるのは仕方がないと諦めて下さいね。

その他のお肉(合鴨・マトン・ラム肉)

その他のお肉(合鴨・マトン・ラム肉)

 ここで上げた合鴨・マトン・ラム肉はどれも肉質が固い食材なので、離乳食にはオススメしません。よほど柔らかく煮たり調理すれば食べさせることもできると思いますが、手間を考えると無理してまで食べさせたい食べ物でもないと思います。

PR:産後の抜け毛の悩み

産後の抜け毛

 授乳中でも使える育毛剤をランキング形式で紹介しているサイトになります。産後の抜け毛に悩むなら授乳中から育毛始めましょう!

運営者情報について

サイト運営者の社長代理と申します。運営者情報の詳細はこちらのページで紹介しています。

Page top icon