離乳食入れても大丈夫?調味料編

 赤ちゃんにいつから調味料を使っても大丈夫?バターは??マーガリンは?ケチャップは?お味噌は?ソースは?カレーは?1歳は大丈夫??離乳食という観点から調味料について調べてみました。

砂糖

砂糖

 お砂糖は色々な種類がありますが、基本的には9ヶ月未満の赤ちゃんには消化しにくい調味料です。かといって、1歳だからしっかり消化できるかというとそういうわけでもないので、風味付け程度の量が良いですね。いずれにせよ、入れすぎると消化の面でもですが、味が濃くなってしまうので入れすぎには注意が必要です。

 特に黒糖に関しましては、はちみつと同じ「ボツリヌス菌」が含まれており、1歳以下の赤ちゃんに与えると「乳児ボツリヌス症」を引き起こす可能性がありますので、特に注意が必要です。

塩

 塩はあまり感覚的には分からないかとおもうのですが、母乳やミルクに含まれているので、離乳食にあえて入れる必要はない調味料です。離乳食に入れるとむしろ多くなってしまいます。お塩を入れるとしても10ヶ月以降になってからで、味に変化をつけたい程度の目的で少量しようするものです。

しょうゆ

しょうゆ

 しょうゆも初期の離乳食には入れなくて良い調味料です。離乳食に十分慣れてきた9ヶ月目以降に、風味付け程度に入れることをオススメします。もちろん、入れすぎは厳禁です。作る離乳食にもよりますが、大体1滴~2滴程度で十分なことが多いです。色が付くくらい入れてはいけません。

バター・マーガリン

バター・マーガリン

 7~9ヶ月目くらいから使える調味料ですが、あまり多く入れることはやはりダメです。少量のバター・マーガリンを入れることで便秘予防にも繋がったりします。ただ、塩分が比較的多く含まれるので、10ヶ月目くらいまでは無塩タイプの方が赤ちゃんには優しいかもしれません。

お味噌

お味噌

 10ヶ月目以降くらいからが目安になります。お味噌汁を食べさせるのであれば、大人のお味噌汁を3~4倍程度に薄めたくらいがちょうど良いと思います。また、塩分が高くなってしまうので、出汁入りのお味噌はオススメしません。単純にお味噌だけのものを使うほうが良いでしょう。

お酢・ポン酢

お酢・ポン酢

 お酢やポン酢は大人にとっては酸味が美味しいと感じるものですが、赤ちゃんがそれを好むはずがありません。お酢は極論を言えば酸です。胃腸に負担になりますのでNGです。基本的には離乳食として使えるものではない&食べさせる必要があるものではないので、1歳半以降でも十分です。

ケチャップ

ケチャップ

 ケチャップはかなり味が濃く、物によっては香辛料なども使用されているため、離乳食としてはやや不向きです。ごく少量であれば、1歳~1.5歳くらい以降から食べさせることができます。最初はケチャップよりもトマトピューレくらいから始めてあげてください。

ソース

ソース

 ソースもケチャップと同様に香辛料が含まれているので、離乳食向けの調味料ではありません。また、あえて食べさせる必要のあるものでもありません。1歳半以降にかなり薄くしたものから下味としてはじめると良いと思います。

マヨネーズ

マヨネーズ

 マヨネーズは卵が含まれている製品なので、全卵が食べられるようになってからです。10ヶ月目以降くらいからが目安となりますが、卵アレルギーが心配なママは与えないという選択肢もありです。また、10ヶ月目以降であっても、心配な場合は加熱をして与えると良いと思います。いずれにせよ、マヨネーズの味はかなり濃いので、多く与えることはNGです。

はちみつ・メープルシロップ

はちみつ・メープルシロップ

 はちみつは1歳~1歳半以降の食べ物だと思います。理由は1歳以前に与えると乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があるからです。(はちみつ採取の時にボツリヌス菌が混入することがある)。

 メープルシロップなら10ヶ月目くらいから与えることはできますが、やはりこちらも味が濃すぎるので、料理のお砂糖の代わりなどに使用するもので直接かけたり食べさせたりしない方が良いでしょう。

カレー

カレー

 カレーはベビーフードとして販売されているものなら、ベビーフードに記載されている月齢くらいからOKですが、大人と同じカレーのルーは2歳くらいからが(しかも薄めて)望ましいです。理由はスパイスが含まれていることもありますが、その他に脂質や塩分も多いし、添加物もふんだんに使用されているからです。あえて食べさせる必要のないものを与える必要はありません。

PR:産後の抜け毛の悩み

産後の抜け毛

 授乳中でも使える育毛剤をランキング形式で紹介しているサイトになります。産後の抜け毛に悩むなら授乳中から育毛始めましょう!

運営者情報について

サイト運営者の社長代理と申します。運営者情報の詳細はこちらのページで紹介しています。

Page top icon